ご感想おたより

ご利用者さまの声⑩-慢性的なじんましんの悩み

更新日:

2年半前から、慢性じんましんに悩まされ、皮膚科の通院、漢方薬、田七人参等いろいろ試していました。

「45歳を過ぎた頃から、季節や体調を問わず、慢性じんましんに悩まされるようになった」というお客様からのお話です。
強いかゆみと湿疹は全身に及ぶ症状だったそうで、なんとかならないかと色々な治療法を試していらっしゃいました。

大阪府 A.T 様  丹羽SOD健康社 本店をご利用頂いています。

●症状でお困りだったことやお試しになられた事など教えてください。

2年半ほど前から、慢性じんましんが全身に出る症状に悩まされるようになりました。元々、アトピーの気はあり、体調が悪かったり、季節の変わり目には湿疹などの症状が狭い範囲では出ていましたが、軽めのステロイド軟こうと、アレルギーを抑える薬で治っていました。しかし、この時は徐々にひどくなる一方で、そのうち紫外線にも過敏に反応するようになっていったんです。

徐々に悪化するなかで、着るものを綿だけにしたり、洗剤も低刺激のものに変え、同時に漢方薬や高麗人参、田七人参、ローヤルゼリー等、免疫を上げ抵抗力をつけるといわれるものを摂りましたが、残念ながらまったく効かなかったのです。

●丹羽SODをスタートしたきっかけは?また、1日の量なども教えてください
もともと、サプリメントショップで見て、丹羽先生の健康食品の存在は知っていました。かなり症状が悪化し、もうダメ元だ!と活性酸素除去のこの商品を試してみようと思いました。
丹羽SODを1日4包~6包、濃縮ルイボスを1日3包~6包の量で摂っていました。すると何をしても全く改善を感じなかったのに、少しずつ楽になっていき、10日程で完治に近いほど症状が引いてくれおどろきました。私の症状には活性酸素除去が必要だったんですね。
自分にとても合うものだと実感しましたので、症状が治まった後も続けています。

活性酸素のコントロールによって、つらいお悩みが解決されて本当によかったです!
かゆみが強い症状は、それが原因でトレスや睡眠不足も引き起こすことになり更に活性酸素が増えてしまう悪循環もあったのではないかと思います。体内のSOD酵素の働きだけでは足りない状況には、丹羽SODを食べることで、体内のSOD酵素をサポートしてあげると、活性酸素とSOD酵素のバランスが整い健康を取り戻せるということですね。
これからもお元気にお過ごしくださいませ。貴重なお話を有難うございました。

-ご感想おたより

Copyright© 丹羽SOD健康社 Niwanaで元気! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.