土佐丹羽クリニック(旧 土佐清水病院) 活性酸素とアトピー

丹羽療法で使う「マグニーサンドバス」ってなに?

更新日:

土佐清水病院では、重症なアトピー患者さんなどの治療に「マグニーサンドバス」を使った「サンドバス入浴」を行います。
サンドバス入浴は丹羽療法の特徴の一つで、北陸・五頭山系から採取されたマグニー石を使った入浴法。石を敷き詰めたお風呂で、マグニー石から照射される育成光線(特殊遠赤外線)のパワーでカラダを温める入浴法です。

「マグニー石」ってどんな石ですか?

マグニー(Magny)は、地球のマグマが噴出して出来た石で、有益な電磁波と育成光線(4~14μの遠赤外線)を放射する国宝石のこと。
この石が放射する育成光線は、水のクラスターを分解し容積を小さくし、皮膚への水分浸透がしやすくなり、保湿効果が持続します。
また、一般的なトルマリンややセラミック類より育成光線と言われる特殊な遠赤外線の放射のパワーが強力なので、カラダの芯まで届き、温め、皮膚や細胞を活性化します。
敏感で乾燥しがちなお肌の保湿や、血流の促進効果で肩こりや冷え性の改善などが期待されます。
土佐清水病院では、このマグニー入浴をつかって、繰り返すアトピーで固くなった皮膚を柔らかくし、処方した軟膏をよく浸透させる目的や血流増進効果による関節痛などの緩和の目的などで治療に取り入れています。

マグニー石に関する丹羽先生の説明はコチラ

一般の家庭のお風呂では使えないの?

土佐清水病院では、マグニー石に全身を包み込むように入浴しています。砂風呂のような感じですね。
一般の家庭の風呂では全身を埋めるわけにはいきませんので、小分けしたマグニー石をお風呂に沈めて使用することをおすすめしています。
マグニーのお水のクラスターを分解し容積を小さくする力と、育成光線を放射する力によって、お風呂の水質が改善され、肌を保湿しますので、お風呂上りの温度差によって起きる肌の乾燥から敏感なお肌を守ってくれます。また、カラダもよく温まりますので疲労回復にもおすすめです。
一般の入浴剤とはちがい、素材は天然の石ですので入浴剤の成分に敏感なお肌の方もご安心してご利用頂けますね。

当店では、一般のお風呂でも使いやすいように500gからお求め頂けます。ご興味のある方はショップをご利用下さい。

マグニーサンドバス商品のページはコチラ

『丹羽式サンドバス』についてはコチラから

-土佐丹羽クリニック(旧 土佐清水病院), 活性酸素とアトピー

Copyright© 丹羽SOD健康社 Niwanaで元気! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.