丹羽SOD健康社 Niwanaで元気!

丹羽SOD様食品 正規取扱店 「丹羽SOD健康社」公式ブログ。

丹羽SOD 様食品 抗酸化力(丹羽SOD)

丹羽SOD健康社-SODのおはなし

投稿日:

『病気の90%の原因は活性酸素にある』といわれ、その『活性酸素』を除去してくれる物質が『SOD』であることがわかっています。今回はその『SOD』についてのお話です。

 

生まれてからずっと働いてくれてます。

様々な病気や症状の90%もの原因といわれる活性酸素の弊害からわたしたちの体を守ってくれている『SOD酵素』は、私たちがこの世に生まれてからずっと体内で働き続けてくれている物質です。
一方で『活性酸素』も体内に入った異物を処理する防御の働きをし、一生私たちの体内につくり続けられます。
体内でつくられた『活性酸素』が多すぎたとき余分な活性酸素を『SOD酵素』がささっと処理してくれて健康が保たれていくというメカニズムなのですが、活性酸素が作られすぎてしまう環境で生活していることで『SOD酵素』はフル活動していることでしょう。

想像してみてください、来る日も来る日も、強い紫外線や食品添加物・汚染された空気、喫煙・飲酒や睡眠不足やストレスなどなど、私たちの体内では活性酸素が大量生産されていて、それに立ち向かっていく『SOD酵素』の姿を!
それでも10代や20代の頃は体内の『SOD酵素』も活発で元気に働けますから、少々無理な生活をしても翌日には元気に活動ができますよね。『SOD酵素』はとっても働き者でがんばってくれているんですね。

残念ですが、SOD酵素も年には勝てません・・・

実は、体内の『SOD酵素』の力は、体内に存在する『SODの量』が問題にされるのではなく、活性酸素が体内に過剰に発生したときに、そてに対応して活性酸素を取り除くために『SOD酵素』も上昇していく『適応能力』がどのくらいあるかがポイントなのです。一般的に私たち人間は40歳を過ぎた頃から、この『適応能力』が衰えてしまうということです。

体内の『SOD酵素』も年には勝てないということですね・・・。
生まれてからほぼ40年間、働きに働いてくれた私たちのSOD酵素、「もう若くないんだよ・・・だれか手伝ってくれないかな・・・」なんて声が聞こえてきそうな気がします。

原始時代には食事がSOD酵素の助っ人でした

原始時代の人間の食事は、穀物や種子などを生のままバリバリ噛んで食べていて、その食べたものを消化する胃液はかなり強力なものだったようです。この強力な胃液で食べた穀物や種子の持つ抗酸化物質(活性酸素を抑制する働きのある物質)を、細胞レベルで受け取られるように細かく小さくしかも生きたまま上手に処理して体に吸収させていたと考えられています。
ですから、日常の食事そのものが体内の『SOD酵素』の助っ人役をしてくれていたということなのです。

今、私たちは食べ物を火を使って調理加工し食べています。丹羽先生は、人間は火をつかって調理するため、硬い食べ物を柔らかくして食べるようになり、胃液が退化しまった。原始の人のように、穀物や種子が持つ抗酸化物質を自身の胃液で上手に処理できないうえ、強い加熱の段階で穀物や種子が持つ抗酸化物質はほぼ死滅してしまうため食べても薬の働きをしません。と説明しています。

近年はペットとして飼われる動物も、総合的に栄養を考えられたペットフードを与える事が日常になっている事から、人間と同じように胃液が退化し、生活習慣病やアレルギーなど人間とおなじような病気がみらるようになった、ともおっしゃっています。

私たち人間や動物は進化し、文明の発達で便利な生活をおくる代償として失ってしまったのはたくさんあると思いますが中でも「食事からSODと同じ働きをする助っ人に変える強い胃液」を失たことは本当に残念ですよね。

じゃあどうす?ということで丹羽先生の長い長い研究がはじまり、胃液が退化した現代の私たちでも、食べることで体内のSOD酵素と同じ働きをしてくれる食品、丹羽SOD様食品ができあがります。

何か体調が優れない、疲れがとれない、病気がきになる、など40代を過ぎた頃から感じる方が多いと思います。また年齢とは関係なく健康や美容にお悩みを抱える方は、体の中で頑張って働いてくれている『SOD酵素』が、ちょっと衰えてきたのかもしれません。丹羽先生のSOD様食品でいつも体の中でがんばってくれている「SOD酵素」を助けてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

-丹羽SOD 様食品, 抗酸化力(丹羽SOD)

Copyright© 丹羽SOD健康社 Niwanaで元気! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.