お客様からの質問 丹羽先生

お客様からの質問⑰-最近血圧が高いです。注意することは?

投稿日:

「ここ最近、血圧が高く上が140以上あり心配です。」

お客様から「血圧」についてのご質問を頂きました。

若いころはどちらかというと低血圧で、健康診断の時などは血圧が低いと指摘されたほどでした。ここ最近測定して驚いたのですが、年齢や生活環境によるストレスも影響してか140をはるかに超える数値になったこともあります。
家族が丹羽SODを食べているのですが、私も食べてみようかと思いましたが、食べても大丈夫でしょうか?

私たちの血圧は、体を動かしたり、気候が暑かったり寒かったりすることを感じるなどで上昇したりします。一時的に上昇しても心配はありませんが、安静な状態で慢性的に血圧が高い状態が続くと、血管への負担から動脈硬化による別の病気が心配になりますので早めにケアしたい症状ですね。

丹羽先生は「本音で語る医療と健康」という書籍で「高血圧は、人間が作った文明病である」と表現しています。

高血圧には大きくわけて腎性高血圧と本能性高血圧がありますが、腎性高血圧はその数も少なく特殊なケース(それは、腎臓の毒素の排泄能が低下しているため、その排泄を高めようとする、ある程度必要に迫られた血圧の上昇)ですので、今お話ししますのは腎性高血圧以外の一般の皆さんがよくかかる本能性高血圧の場合です。
これは著者が大学で習ったことではなく、著者が自分の病院を持ち何年かのうちに学んだことなのですが、例えば今20人の高血圧の患者さんが肺炎や肝炎、糖尿病などの別の病気が悪化して入院したとします。すると、20人の患者さん全員が4~5日すると必ずといってよい程血圧が正常に戻り、血圧の降下剤が不要になり、退院して1週間もすると必ず再び血圧が上昇し、高血圧の薬が必要となります。本当に面白い現象と言わざるを得ません。
これは何故でしょう?
原因は二つあります。一つは「食事」です。入院すると塩分の少ない食事を摂らされるからです。
もう一つは、入院した経験のある方はお判りと思いますが、入院すると看護師さんが体温や血圧を測りに来て、週に1~2度検査をされ、あとは週に1~2回医師の回診があるだけで、それ以外はベッドの上で天井を眺めているだけで暇で暇でたまらない。時間を持てあましてどうしようもない・・・・この心境が血圧に良いのです。
すなわち、高血圧は塩分の多い食事と精神的ストレスで起こっているのです。入院して減塩食を食べ、この世の雑事・煩悩・ストレスから一時的に遮断されることが、血圧を正常に戻すのです。
高血圧が何十年も続き、何十年も化学合成薬品を飲み続けている人々が非常に多いのですが、高血圧は文明社会になって、人間が自分で作った文明病の代表的なものと言えましょう。

丹羽先生の説明から、まずは「食事」ですね。塩分の摂りすぎを注意した献立を考えてください。
そして、お客様のご質問の内容でも「生活環境によるストレス」とあります。やはり「ストレス」は大敵です。
丹羽先生は病気の治療には「過労・ストレス・睡眠不足」があると、どんな薬を使っても良い結果にはつながらないので必ず注意してほしい、とおっしゃっています。

「過労・ストレス・睡眠不足」が続くと体内で活性酸素が増えてしまう原因といわれています。ストレスから血圧が高くなることからもご注意ください。
高血圧の症状がある方も、丹羽SOD様食品はお召あがり頂けます。大人の方であれば1日3~4包程度から様子をみてください。個人差はありますが、増やせるようであれば6包程度までおすすめします。
丹羽療法でも「食事療法」については指導しています。ご自身のお食事の内容も一度チェックしてみてください。
「丹羽療法」の受診をご希望でしたらご案内させて頂きますのでお気軽にお問合せ下さいませ。

-お客様からの質問, 丹羽先生

Copyright© 丹羽SOD健康社 Niwanaで元気! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.